ヤクザ組織小史 親和会

 今回は、『反社会勢力』(2014、笠倉出版社)と「実録・ドキュメント893 伝説の親分 細谷勝彦 初代高松親和会会長」より、香川県高松市の親和会の歴史をまとめます。

1、意義

 ・四国で唯一一本独鈷を貫く、精鋭武闘派組織。

2、北原組

 (1)、意義

  ・北原組は、本多会会長・本多仁介の舎弟である高松の博徒・北原伝次郎が結成した博徒組織である。

 (2)、渡世入り

  ・昭和6年(1931)に神戸に生まれた初代親和会会長・細谷勝彦は、16歳の時に両親の故郷である高松に戻り、まもなくして、この北原の盃を受けて渡世入りをした。

 (3)、太政官との抗争

  ・細谷が渡世入りした頃、高松には太政官というヤクザ組織が大きな勢力を持っていた。昭和23年(1948)、太政官と北原組の抗争で、細谷は相手組員を日本刀で切りつけ、瀕死の重傷を負わせて殺人未遂で服役した。昭和29年(1954)に出所した。

 (4)、北原組の解散

  ・北原が政界入りし市議になり、昭和34年(1959)4月、北原組は娘婿の柴田敏治が継承した。しかし、その柴田も市議選立候補を表明して、昭和40年(1965)に北原組は解散をした。

3、初代・細谷勝彦

 (1)、親和会の結成

  ・細谷は解散した北原組の地盤を継いで、昭和40年(1965)に親和会を結成した。親和会とは「親のもとに和をもって集まる」という意味である。

 (2)、若林組との抗争

  ①、若林組とは

   ・太政官香西支部長であった若林暲が、昭和33年(1958)に、団体等規制令で解散となった旧太政官の組員を集めて結成したのが若林組である。昭和37年(1962)8月には若林が三代目山口組若頭・地道行雄から舎弟盃をうけて地道組に加入した。これが香川への山口組進出となった。昭和39年(1964)には三代目山口組組長・田岡一雄から親子盃をうけて直参に昇格した。

  ②、昭和46年の抗争

   ・昭和46年(1971)7月、若林組副組長と親和会組員がクラブで些細なことで喧嘩となり、双方に助っ人が駆け付けて大乱闘となった。親和会幹事長・篠浦茂夫が若林組副組長を刺殺し大抗争となった。

  ③、高松抗争

   ア)、原因

    ・昭和57年(1982)、親和会幹部・竹内寛と若林組若頭が車の接触を原因として乱闘となった。話し合いの最中に若林組事務所に向かって発砲をし逃走した。若林組副会長の断りによっていったんは収まるも、抗争は激化していった。

   イ)、抗争の拡大

    ・喫茶店における親和会組員と若林組組員の喧嘩口論に端を発し、竹内らが若林組事務所前で組員に発砲をした。さらに竹内らはパトカーがいなくなった後再び相手事務所の玄関の扉を破り、中にいた数名に発砲をし、若林組若頭を射殺、同組員に重傷を負わせた。

    ・この事件の4ヶ月後、竹内らの裁判を傍聴していた親和会組員を、待ち伏せをしていた若林組組員2人が襲撃し、親和会組員2名が重傷を負った。

   ウ)、和解

    ・阪神懇親会の仲裁によって和解が成立した。

 (3)、新高松抗争

  ①、親和会幹事長射殺事件

   ・昭和59年(1984)5月15日、三代目山口組系小田秀組内四代目中津川組幹部らに親和会幹事長・篠浦茂夫が射殺された。

  ②、四代目中津川組幹部射殺事件

   ・昭和59年(1984)5月26日、親和会幹部・西村辰也と同会組員・吉良博文が、四代目中津川組幹部2人を射殺した。

  ③、手打ち

   ・この時は、四代目砂子川組組長・山本英貴、二代目大日本平和会副会長・山中武夫の仲裁によって、手打ちが成立した。

 (4)、「船上の四兄弟盃」

  ①、「船上の四兄弟盃」

   ・昭和61年(1986)、三代目共政会会長・山田久、侠道会会長・森田幸吉、波谷組組長・波谷守之、親和会会長・細谷勝彦の4人が、三代目浅野組組長・串田芳明の取り持ちで、兄弟盃を交わした。当時は山一抗争の真っ只中でありヤクザに対する締め付けが厳しかったので、フェリーを貸し切って瀬戸内海の洋上で盃儀式が挙行された。

  ②、五社会

   ・反山口組色が強かった「関西二十日会」が発展的に解消され、新たに平成元年(1989)に「西日本二十日会」が結成された。平成2年(1990)に、山波抗争による波谷組の脱退により西日本二十日会は解散したが、その後は、「船上の四兄弟盃」の縁もあって、共政会、侠道会、合田一家、親和会、浅野組の五団体が「五社会」を結成した。

 (5)、指定暴力団となる

  ・平成4年(1992)、四国で唯一、指定暴力団に指定された。

4、二代目・吉良博文

 (1)、長期服役からの社会復帰

  ・吉良は、新高松抗争で2人を射殺し、懲役18年を満期で務め上げて、平成14年(2002)に社会復帰をした。

 (2)、襲名

  ・平成17年(2005)、細谷初代が新設された「総裁」とに就任し、吉良が二代目会長を襲名した。なお、細谷総裁は、平成20年(2008)に総裁職を退き引退した。

 (3)、六代目山口組幹部・光安克明との五分の兄弟盃

  ・平成19年(2007)、吉良は、六代目山口組幹部・光安克明と、五分の兄弟盃を交わした。この盃儀式は、山口組総本部で行われ、双方の最高幹部だけでなく、五社会加盟のトップ・最高幹部も列席した。これによって、五社会加盟団体のすべてが、六代目山口組の親戚・友好団体となった。

 (4)、六代目山口組への年末挨拶中に倒れる

  ・平成27年(2015)に山口組が分裂した。平成29年(2017)12月6日、六代目山口組総本部へ年末の挨拶に訪れた吉良が倒れ、緊急搬送された。

 (5)、吉良会長

  ・平成27年(2015)1月25日に開かれた、山口組創立百年の記念式典での吉良会長です。小林旭のあれからを歌っています。吉良会長はキャラが濃いので目立ちますね。



ヤクザ組織小史 山口組 三代目山口組と政治

 今回は、『血と抗争 山口組三代目』(溝口敦、講談社、1998)、『撃滅 山口組VS一和会』(溝口敦、講談社、2000)、『ヤクザと日本』(宮崎学、筑摩書房、2008)、『六代目山口組ドキュメント 2005~2007』(溝口敦、講談社、2013)より山口組の歴史をまとめます。

1、意義

 (1)、ヤクザと国家権力との関係

  ・関東のヤクザは、「お上のご意向には逆らいません、われわれは世間のおじゃま虫です」という路線である。他方、関西のヤクザは、「お上はお上で勝手にやりなはれ、わしらはわしらで勝手にやる」という町人的ヤクザ路線をとる。

 (2)、ヤクザと政治との関係

  ・関東のヤクザは、中央権力との距離が近かったこともあり、早くから政治とのかかわりをもって、政党のゲバルト部隊である院外団をつくったり、軍部とつながりを持ったりしていた。他方、関西のヤクザは、経済事業に専念し、政治からは距離を置く傾向にある。

2、田岡一雄と政治

 (1)、意義

  ・三代目山口組組長・田岡一雄は政治的な人ではなく、一説には佐藤栄作や河野一郎などの大物代議士に何事かを依頼されたが「私ごとき極道とあなたたちはちがいます」と断ったなど、関東のヤクザほどは直接的に政治にはかかわらなかったが、経済事業に関して政治に関わりをもった。

 (2)、砂田父子の選挙応援

  ・二代目山口組組長・山口登は砂田重政の選挙応援をしたが、田岡も砂田重政とその子である砂田重民の選挙応援を行った。兵庫県警によると、その他田岡と関係を持った政治家は、藤山愛一郎、石井一、関谷勝利、糸山英太郎であった。

 (3)、港湾に関する法律

  ①、港湾運送事業法の一部改正

   ・田岡ら港湾労働関係者は、いままで法的に保護されていなかった船舶整備業を港湾運送事業法の適用業種にしようと計画し、国会や運輸省に働きかけを行った。この際、田岡から援助をうけている砂田重民もこの法令化の推進役として動いた。

  ②、全国港湾荷役振興協議会(全港振)関連の法律の制定

   ア)、政治家を顧問に迎える

    ・全国港湾荷役振興協議会(全港振)は、船内荷役の二次下請け業者の、全国的な組合であった。山口組三代目組長・田岡一雄や、笹田照一、鶴岡政治郎、藤木幸太郎を中心として、昭和31年(1956)に結成され、会長は藤木幸太郎、副会長兼神戸支部長には田岡が就任し、顧問は河野一郎が務めた。河野亡き後は佐藤栄作、藤山愛一郎、川島正次郎ら自民党有力議員に接触をはかったと言われている。

   イ)、全港振関連の法律の制定

    ・田岡は、全港振関連の法律を制定するために、自民党の代議士50数名を東京赤坂のホテルニュージャパンに呼んで接待をした。

 (4)、70年安保と山口組

  ①、田岡の憂い

   ・昭和43年(1968)6月、田岡は兵庫県警の臨床尋問を受けた際に、「われわれが締め出されあと、港が左傾化している。安保の改定を近く、日本がどうなっていくか心配だ。われわれは右翼ではないが、真に国を憂えている」と述べた。

  ②、70年安保と山口組

   ・60年安保の時、当時の首相であった岸信介は警察の警備力不足を右翼・暴力団・宗教団体などの動員で補おうとし、自民党幹事長・川島正次郎を通じて、児玉誉士夫にそのとりまとめを依頼した歴史があった。よって、70年安保の時もヤクザが警察力を補う需要があると思い、田岡は麻薬追放のために結成した「全日本国土浄化同盟」の隊員約1000人をこれにあてようと考えていた。しかし、実際には警察の警備力のみで事足り、ヤクザの出番はなかった。

3、田岡死後の山口組

 (1)、山本広

  ・昭和47年(1972)に田中角栄が総理大臣となった直後、当時山口組の若頭補佐であった山本広は、日本国粋会などが主催した会合で「われわれの社会から、政界に大物を出す必要がある。そうすれば取締当局の風当たりをさけることができるし、世間もわれわれに対する見方を変えるであろう」と発言をした。つまり、山本広はヤクザから政治家を出そうと考えていたのである。

 (2)、佐々木道雄

  ・もともと総会屋を稼業としていた佐々木は「これからの極道は時の政界の弱点を知らなければならない」とし、田中角栄の金脈問題の全容を初めてつかんだのは自分であり、それを福田赳夫に教たと語った。事実であるのかは不明である。

 (3)、加茂田重政
  
  ・一和会の副会長であった時、加茂田重政は、東京六本木に政治団体加茂田重政後援会事務所を構えて、参議院選に出馬しようとした。結局、出馬はしなかった。

4、六代目山口組の民主党支持

 (1)、意義

  ・六代目山口組執行部は、平成19年(2007)7月の参議院選において、民主党を支援するように通達を出した。名古屋を拠点とする弘道会が主流になったことにより、政治にそれほどかかわりも持ってこなかった山口組の毛色が変わったともいえる。

 (2)、背景

  ①、弘道会の影響

   ・名古屋に本部を置く六代目山口組の主流である弘道会は、昔からトヨタ自動車やその労組と関係が深かった。
  
  ②、自民党への不満

   ・かつて、自民党とヤクザは距離が近かった。しかし、現在の自民党はヤクザを潰す法律ばかりを作っているので、自民党・公明党政権だと、いつかヤクザは潰されてしまうと危惧をした。



ヤクザの収入

 今回は、『撃滅 山口組VS一和会』(溝口敦、講談社、2000)、『カネと暴力と五代目山口組』(溝口敦、竹書房、2007)よりヤクザの収入についてまとめます。

1、昭和40年代前半頃

 (1)、意義

  ・昭和40年代前半頃までのヤクザは、基本的に貧困であった。

 (2)、具体例

  ①、山本健一

   ・昭和40年代前半頃、山口組若頭補佐であった山本健一は、肝臓を患い始め、かつ椎間板ヘルニアの症状が出ても、治療費はもとより入院代すら払えなかった。妻に「悪いけど、里に帰ってくれるか。わしはいまの状態でお前を養うていかれへんのや」と言ったという。

  ②、宅見勝

   ・総資産3000億とも言われた宅見であるが、昭和30年代後半頃は「わしの若い時分、ヤクザゆうたらカネがなくて当たり前、せいぜいの夢が風呂つきアパートに入ることやった。車はタクシー上がりの何十万走ったか分らんやつ、ピカピカに磨いて、それでも得意になって乗ってたもんですわ」といった感じであった。

2、昭和52年(1979)の警察庁の調査

 (1)、意義

  ・昭和52年(1979)の段階で、暴力団員は10万人、年収総額は1兆円、当時のサラリーマンの平均年収は246万円である中、暴力団員一人あたりの年収1000万円であった。これは上は組長から、下は末端の組員までを含めた平均額であるので、末端の組員はもっと少なかったとは思われるが、この当時のヤクザは、かなり稼げる業界であった。

 (2)、生活形態と年収

  ①、組定着型

   ・組織の首領、上級幹部クラスで全体の14.6%ほどを占める。彼らの年収は平均3000万円ほどであった。

  ②、組依存型

   ・組織の幹部や中堅クラスで全体の22.4%ほどを占める。彼らの年収は平均2000万円ほどであった。

  ③、女性依存型

   ・組織の中堅以下の組員で特定の女性に寄生している層で全体の28.2%を占める。彼らの年収は1000万円ほどであった。

  ④、親依存型

   ・親や兄弟に頼って生活している層で全体の8.8%を占める。彼らの年収は300万円ほどであった。

  ⑤、下層労働者型

   ・露店や労働者をして生活をしている層で全体の20.5%を占める。彼らの年収は300万円ほどであった。

  ⑥、特定の組織にいない暴力常習者

   ・特定の組織にいない暴力常習者などで全体の5.5%を占める。彼らの年収は300万円ほどであった。

 (3)、資金源

  ①、合法的資金源

   ア)、土建(11.5%)

   イ)、金融(12.2%)

   ウ)、風俗(22.5%)

   エ)、興行(2.0%)

   オ)、露店(6.6%)

   カ)、その他商店(2.3%)

   キ)、その他業種(8.7%)

   ク)、なし(33.4%)

  ②、非合法的資金源

   ア)、賭博(57.8%)

   イ)、債権取り立て(32.4%)

   ウ)、ノミ行為等(23.2%)

   エ)、麻薬など(13.1%)

   オ)、エロフィルム(8.0%)

   カ)、ポン引売春(9.2%)

   キ)、土建関係(手配)(1.3%)

   ク)、みかじめ(用心棒)(22.3%)

3、平成元年(1989)の警察白書

 (1)、意義

  ・バブル景気の時代、ヤクザ全体の年間収入はおよそ1兆3019億円とされ、一部には7兆円説も出るほどヤクザはかなり稼げる業界であった。当時の全国給与所得者の平均年収を500万円と考えると、首領クラスはその100倍、つまり年収5億ほどの稼ぎがあったという。

 (2)、組織実体

  ・ある大規模暴力団は、Aクラスの幹部が約120人いる。彼らは各自月額50万円を上納するので、これだけで6000万円となる。同様にBランクの幹部約250人が各自25万円を上納するので月額6250万円、またCランクの幹部約600人が各自15万円を上納するので月額9000万円となり、合計で月2億1250万円、年額25億円以上が上納されることとなる。これを総裁と会長の2人で二等分したとしても、年額12億5000万円の上納金が黙って入ってくることとなる。
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • ライブドアブログ