不良少年抗争史 爆弾マッチ手首斬り落とし事件

 今回は、『愚連隊伝説』(洋泉社MOOK、1999)より、爆弾マッチ手首斬り落とし事件をまとめます。

1、抗争

 昭和9年8月2日 万年東一一派vs山崎松男一派

2、万年東一とは
 
 (1)、グループの結成

  ・万年東一は、明治41年に山形県で生まれた。大正8年、万年が11歳の時に万年家は東京に出てくる。万年は10台半ばから愚連隊の道に進み喧嘩三昧の日々を送っていた。やがて万年の周りに人が集まり、万年の筆頭舎弟格である小池農夫男の新婚所帯であった、中目黒のアサクラアパートをグループの根城とするようになった。

 (2)、新宿へ

  ①、当時の新宿

   ・昭和初期の新宿は、一大盛り場として香具師、愚連隊、不良、院外団などが群雄割拠でしのぎを削っていた。また、新宿には小金井一家新宿貸元で関東八人衆と言われた大親分、平松兼三郎がいた。

  ②、万年一派新宿へ

   ・万年東一は平松兼三郎にかわいがられ、客分のような形で平松のもとに出入りしていた。そして、平松の跡目養子に決まった鈴木武雄の用心棒として、昭和8年秋頃に万年一派は中目黒から新宿に移り、新宿二丁目の文化ハウスというアパートを根城とした。

  ③、山崎松男一派

   ・万年一派は新宿で喧嘩をやり、めぼしい愚連隊を次々を屈服させて新宿を制圧していった。そして、最後に立ちはだかったのが、山崎松男一派であった。

3、山崎松男とは

 (1)、「爆弾マッチ」

  ・山崎松男は、22歳の時に土方連中ともめて喧嘩となった時に、単身飯場に乗り込み、ダイナマイトを投げ込んで爆発させ、飛び出してきた連中に日本刀で斬りかかる事件を起こした。これにより、山崎松男は「爆弾マッチ」と呼ばれるようになった。

 (2)、小金井一家の縄張りを荒らす

  ・山崎松男一派は万年一派が新宿に来るまで、新宿愚連隊社会に君臨していた。怖いものなしで相手が愚連隊であろうが、テキヤであろうがお構いなく喧嘩をしていった。やがて、小金井一家新宿貸元の平松兼三郎の縄張りまで荒らすようになった。
 
4、爆弾マッチ手首斬り落とし事件

 (1)、平松兼三郎の小言

  ・山崎松男一派に縄張りを荒らされるようになった平松兼三郎は、新宿二丁目の事務所で万年とお茶を飲みながら、「近頃の愚連隊は、少しばかし、悪ふざけがすぎるようだな」と小言を言った。これを聞いた万年は、平松が万年に山崎松男を襲撃しろと命じたと判断した。

 (2)、爆弾マッチ手首斬り落とし事件

  ①、発見

   ・昭和9年8月2日、万年一派の大光と小光が、新宿二丁目のカフェー「黒猫」前で、平松の跡目養子である鈴木武雄を取り囲んで因縁をつけている山崎松男一派を発見した。大光と小光はすぐに、万年一派の根城である文化ハウスに戻り、日本刀と短刀を持ち出して、カフェー「黒猫」へ向かい、山崎松男一派と対峙した。

  ②、喧嘩

   ・山崎松男は懐に隠し持っていた拳銃を抜こうとしたが、小光の短刀が山崎の腹を突き、大光の日本刀が山崎の左腕を切り落とす方が早かった。山崎は左手首を切り落とされてしまった。

 (3)、自首

  ・喧嘩のあと、関係者は淀橋警察署へ自首をし、大光は懲役1年6ヶ月、小光は懲役6ヶ月、万年は執行猶予がついた。

5、山崎松男の返し

 ・3ヶ月あまりの拘禁生活から解放された万年の放免祝いが料亭で行われたが、この場に山崎松男が殴り込みをかけた。山崎松男と万年は対峙したが、山崎は万年を拳銃で撃つことができなかった。

6、手打ち

 ・新宿大木戸の料亭で、万年と山崎の手打ち式が行われた。

7、友情

 ・手打ち以後、山崎と万年一派は親しく付き合うようになった。特に小光と山崎は仲が良く、新宿の雀荘で麻雀をやっているとき、小光はいつも左手首がない山崎のために牌を積んでやっていた。山崎は昭和23年に42歳で亡くなったが、この葬儀の葬儀委員長を務めたのは小光であった。

ヤクザ抗争史 青森抗争

 今回は、『ヤクザ伝』(山平重樹、2000、幻冬舎)と『山口組抗争史激突山口組VS極東会』(土井泰昭、高橋晴雅、竹書房、2009)より青森抗争をまとめます。

1、抗争

 昭和59年(1984)、昭和62年(1987) 梅家一家VS極東佐藤会

2、第一次青森抗争

 (1)、きっかけ

  ・昭和59年(1984)に梅家一家の稲川会入りをめぐっておこった抗争。梅家一家が稲川会へ近づいたことから的屋ではなく博徒とみなされ、梅家一家の庭場に極東佐藤会が進出してきた。

 (2)、弘前市土手町抗争事件

  ・昭和59年(1984)10月に梅家一家と極東佐藤会が土手町で白昼の市街戦を起こす。この後も津軽地方全域で報復合戦が行われたことから市民は暴力団追放運動をおこした。このような運動や警察の取り締まりの強化によって、同年11月に大館市で手打ち式が行われ、表面的には抗争事件に終止符が打たれた。

3、東北神農同志会の結成

 ・昭和60年(1985)、北海道で初代誠友会の四代目山口組入りを契機として、山口組、稲川会、住吉会の広域組織へ北海道の独立組織が雪崩をうって加盟してゆく。これに危機感を抱いた東北の神農界は、昭和61年(1986)に西海家、東京盛代、源清田、飯島、枡屋、姉ケ崎、極東、花又、松前屋、寄居、会津家、梅家など東北の的屋組織17家が大同団結して「東北神農同志会」が結成された。

4、第二次青森抗争

 (1)、きっかけ

  ・昭和61年(1986)に梅家一家六代目の福井良平組長が逝去する。その後跡目継承でもめている時期に、再び梅家の稲川会入りをめぐって抗争が起こった。

 (2)、浅虫温泉事件

  ①、抗争

   ・昭和62年(1987)、青森ねぶた祭りの前夜祭として、浅虫温泉で花火大会が開かれた。この花火大会の庭主は梅家一家であった。この花火大会の前夜祭で露天商をしていた梅家一家組員3名が、極東関口谷畑二代目佐藤会山新組組員7人と梅家一家組員2人の計9人に襲撃を受け、2人が死亡1人が重傷を負った。

  ②、原因

   ・梅家一家は博徒系の稲川会入りをしようとしていた。これに対して極東佐藤会は、東北神農同志会会則27条を主張し「梅家はテキヤではなく博徒だから露天商はできないはずだ」と主張した。東北神農同志会の加盟団体もすべて極東佐藤会を支持した。東北神農同志会は、規約違反として梅家宗家七代目塚本達郎親分以下トップ7人に絶縁状を送った。

  ③、和解

   ・結局、東北神農同志会での話し合いの末、梅家一家は稼業違いには入らず、東北神農同志会に留まることで和解が成立した。

5、東北的屋団体の広域組織入り

 ・この事件以後、郡山の庭主である梅家系組織が稲川会入り、寄居田中宗家連合会が稲川会入り、福島の寄居田中宗家連合会菊心会が住吉連合入りした。そして、抗争当事者である梅家一家も結局は稲川会入りし、極東佐藤会もみちのく抗争を経て解散し、有力幹部が山口組の山健組や弘道会、芳菱会などへ加入していった。

ヤクザ抗争史 山形抗争

 今回は、『山口組抗争史激突山口組VS極東会』(土井泰昭、高橋晴雅、竹書房、2009)より山形抗争についてまとめます。

1、抗争

 ・昭和5年(1930)11月2日、桜井一家関口愛治ら4人が、高山春吉を刺殺した事件。

2、経過

 (1)、庭場を荒らした高山春吉

  ・飯島一家小倉組内の尾津喜乃助(後の二代目)の身内の高山春吉が、新宿や銀座の繁盛している露店に因縁をつけては金銭を強要するなど、荒らしていた。さらには、尾津が旅に出ている間に兄弟たちに呼びかけて、関東兄弟連盟なる組織を興して、露天商だけでなく一般の商店をも荒らすようになった。

 (2)、高山の逃走

  ・昭和5年(1930)8月、尾津の属する飯島一家の元老格である伊丹徳蔵が仲介に乗り出し高山に尾津へ謝罪することをすすめたが、高山はこれを断った。やがて、関東兄弟連盟は崩壊し、高山は姿を消した。

 (3)、高山暗殺の密議

  ・桜井一家代表であった関口愛治ら26人の親分衆は、四谷の料亭で開かれた料亭の席上で、一番最初に高山を発見した者が高山を殺害するという密約を結んだ。

 (4)、山形へ

  ・昭和5年(1930)10月、桜井一家の古布正夫と一緒に全国を回っていた組員から、高山が山形いる旨の連絡が入った。関口愛治、関口の子分今野正人、尾津の子分木村勇蔵、熊村菊次郎の子分山口株義の4人が、夜行列車にのって、山形へ向かった。

 (5)、高山暗殺事件

  ・昭和5年(1930)11月2日に山形に到着した一行は、高山をおびき出して刺殺した。3人が殺人罪で、2人が犯人隠匿罪で、関口愛治他1人は殺人教唆でそれぞれ起訴され、昭和6年(1931)暮れから関口は服役した。

 (6)、その後

  ・昭和14年(1926)10月17日、関口は仙台刑務所を出所した。この後、大塚の料亭で出所祝いが行われ、総勢150人が駆けつけた。後に関口は新宿へ進出をするが、これは新宿に庭場を持つ尾津の力添えであった。