ヤクザ抗争史 山形抗争

 今回は、『山口組抗争史激突山口組VS極東会』(土井泰昭、高橋晴雅、竹書房、2009)より山形抗争についてまとめます。

1、抗争

 ・昭和5年(1930)11月2日、桜井一家関口愛治ら4人が、高山春吉を刺殺した事件。

2、経過

 (1)、庭場を荒らした高山春吉

  ・飯島一家小倉組内の尾津喜乃助(後の二代目)の身内の高山春吉が、新宿や銀座の繁盛している露店に因縁をつけては金銭を強要するなど、荒らしていた。さらには、尾津が旅に出ている間に兄弟たちに呼びかけて、関東兄弟連盟なる組織を興して、露天商だけでなく一般の商店をも荒らすようになった。

 (2)、高山の逃走

  ・昭和5年(1930)8月、尾津の属する飯島一家の元老格である伊丹徳蔵が仲介に乗り出し高山に尾津へ謝罪することをすすめたが、高山はこれを断った。やがて、関東兄弟連盟は崩壊し、高山は姿を消した。

 (3)、高山暗殺の密議

  ・桜井一家代表であった関口愛治ら26人の親分衆は、四谷の料亭で開かれた料亭の席上で、一番最初に高山を発見した者が高山を殺害するという密約を結んだ。

 (4)、山形へ

  ・昭和5年(1930)10月、桜井一家の古布正夫と一緒に全国を回っていた組員から、高山が山形いる旨の連絡が入った。関口愛治、関口の子分今野正人、尾津の子分木村勇蔵、熊村菊次郎の子分山口株義の4人が、夜行列車にのって、山形へ向かった。

 (5)、高山暗殺事件

  ・昭和5年(1930)11月2日に山形に到着した一行は、高山をおびき出して刺殺した。3人が殺人罪で、2人が犯人隠匿罪で、関口愛治他1人は殺人教唆でそれぞれ起訴され、昭和6年(1931)暮れから関口は服役した。

 (6)、その後

  ・昭和14年(1926)10月17日、関口は仙台刑務所を出所した。この後、大塚の料亭で出所祝いが行われ、総勢150人が駆けつけた。後に関口は新宿へ進出をするが、これは新宿に庭場を持つ尾津の力添えであった。

同和事件史 部落解放同盟荒本支部の内紛

 今回は、『同和と暴力団』(一ノ宮美成+グループ・K21、宝島社、2012)より、部落解放同盟荒本支部の内紛についてまとめます。

1、意義

 ・部落解放同盟荒本支部の主導権をめぐって、荒本支部長らの「解放同盟荒本支部」派と、主導権奪取を狙う荒本支部副委員長らの「再建準備会」派が、ヤクザや暴力をも用いて争った事件。

2、経過

 ・1981年11月、荒本支部執行委員会に、大阪府連をバックにつけた「再建準備会」派の者達が、現執行部の解散を主張して、大阪府連7人とヤクザ35人を連れて乱入した。「解放同盟荒本支部」派はヘルメットと鉄パイプでこれに応戦した。その後もビラや街宣車でお互いをののしり合い、この内紛は1ヶ月以上続いた。

同和事件史 部落解放同盟浪速支部の内紛

 今回は、『同和と暴力団』(一ノ宮美成+グループ・K21、宝島社、2012)より、部落解放同盟浪速支部の内紛についてまとめます。

1、意義

 ・大阪市は、大阪市浪速区の同和地区に122億円をつぎ込んで、解放会館、買物センター、栄小学校、老人福祉センター、青少年会館といった同和施設を建設する計画をたてた。この利権をめぐって、1974年に部落解放同盟浪速支部の長谷川初己書記長とその弟で部落解放浪速生協の長谷川睦男専務理事(長谷川派)と、大阪市同和事業促進協議会浪速区の中林英治会長とその息子で中林土建社長の中林安良(中林派)が争った事件。

2、経過

 (1)、長谷川派→中林派

  ・長谷川派は、中林英治会長を病気に仕立て上げて、大阪市同和事業促進協議会に同会長の辞任届を偽造して提出した。

 (2)、中林派→長谷川派

  ・中林会長の息子の中林安良は、「私の父、地区協会長、中林英治はいつのまにか病気にさせられ、解任されていた。西井支部長、長谷川書記長らによる私文書偽造が明らかになる」というビラを撒いて反撃をした。さらに、「私の追及により長谷川書記長も偽造を認めた」とも書いてあった。その後も中林派は、長谷川派が同和利権で私服を肥やしていることを暴露していった。

 (3)、浪速支部大会の延期

  ・長谷川派と中林派との紛争の中で、部落解放同盟浪速支部大会は延期された。その後も、山口組系白神組が介入してきて混乱をした。

 (4)、長谷川派の失脚

  ・この内紛は、長谷川派が部落解放同盟からいっさい手を引くことで収まった。その後、長谷川兄弟は失踪し行方不明になっている。

 (5)、同和利権を握った中林派

  ・中林土建は、同和対策事業として進められた買物センター(25億8000万円)、青少年会館(27億円)、保育所、市営住宅などの工事を次々と受注した。さらに、1980年代に入ってからも、5年間で181回の指名業者となり、そのうち42回落札するなど、同和事業を独占していった。また、ファミリー企業である中林建設も、5年間で157回指名業者となり、そのうち39回落札し、落札額は47億7000万に及んだ。