ヤクザ人物史 宅見勝

 今回は、『カネと暴力と五代目山口組』(溝口敦、竹書房、2007)と『五代目山口組宅見勝若頭の生涯』(木村勝美、メディアミックス、2012)より、五代目山口組若頭・宅見勝氏についてまとめます。

1、出生

 (1)、出生

  ・昭和11年(1936)、洋裁店を営む宅見春一、閑子の三男として神戸に生まれた。宅見の他に4人兄弟がいたが、ヤクザになったのは宅見のみである。宅見が小学1年生の頃に父春一が亡くなったので、閑子と4人の兄弟たちは閑子の実家である香川県大野村へ疎開した。宅見家は貧しかった。

 (2)、青少年期

  ・終戦後、宅見が中学2年生の時に、母の閑子も亡くなり、宅見は伯母方へ引き取られた。宅見は優秀であり、進学校で知られる大阪府立高津高校に進むが、昭和28年(1953)に誰にも相談せずに中退してしまった。

2、渡世入り

 (1)、和歌山へ

  ・宅見は、知人の紹介で、和歌山市中ノ島の遊郭で働きだした(バーのマネージャーとして働いていたという説もある)。ここで、宅見は晴子と出会った。晴子の家は堅気の家であったことから、宅見との交際を禁止され、昭和30年(1955)、宅見と晴子は駆け落ち同然で大阪へと移った。

 (2)、渡世入り

  ①、渡世入り

   ・大阪で宅見は定職のない日々を過ごしていた。宅見のアパートの近くに土井組系川北組の組事務所があった事から、宅見は同組幹部・岩名威郎と懇意となり、岩名の誘いで、土井組系川北組組長と盃をかわして若い衆となった。

  ②、南大阪氷業

   ・宅見は、川北組長の世話で、「南大阪氷業」を開業した。さらに、キャバレーのボーイから石田日出夫や望戸節夫などの人材をスカウトし、川北組内で宅見グループを作っていった。

  ③、川北組若頭へ

   ・昭和35年(1960)、宅見は川北組の若頭になった。

  ④、川北組の解散

   ・昭和37年(1962)に菅谷政雄の兄が率いる菅谷組と川北組は、シノギをめぐる抗争をし、組員の大量検挙で川北組は解散してしまった。

3、山口組入り

 (1)、山口組入り

   ・昭和38年(1963)、宅見は川北組解散後、当時は珍しい大卒のインテリヤクザであった福井英夫率いる福井組に入った。福井はもともと藤村唯夫率いる南道会の最古参幹部であった。南道会はのちに山口組入りし、山口組系南道会が解散した後は、福井や、中西一男、白神一朝(のちに白神英雄に改名)など南道会幹部が山口組の直系組長にあげられた。その中でも福井は、南道会八人衆の筆頭として勢力を持っていた。

 (2)、南地芸能社設立

  ・福井は、昭和38年(1963)に艶歌師を会員とする南地歌謡クラブを結成し、これを母体に昭和39年(1964)に西日本芸能社を設立、さらに昭和42年(1967)には大阪芸能協会を設立するなど、興行関係のシノギが多かった。この影響からか、宅見も昭和39年(1964)に大阪千日前の風呂屋の二階に南地芸能社を設立し、流しのギター弾きを組織して売上を上納させたり、芸能人を盆踊りなどに派遣したり、キックボクシングの興行を行ったりして莫大な利益を上げ、その利益を福井組組員をはじめ他の組関係者へ事業資金として融資をしていった。

 (3)、宅見組の結成

  ①、宅見組の結成

   ・宅見は昭和40年(1965)に福井組の若頭補佐となった。同年、三重県鳥羽市内に福井組鳥羽支部を開き、宅見が支部長に就任した。これが実質的な宅見組の結成であった。さらに、昭和45年(1970)には福井組の若頭となり、南地芸能社内に宅見組事務所を開いた。

  ②、山口組直参へ

   ・宅見は、当時山口組の若頭であった山本健一に取り入り、昭和53年(1978)1月、親分福井英夫が直系組長のまま、山本健一を推薦人として、田岡から親子盃をうけて、山口組直系組長に取り立てられた。これと同時に、正式に宅見組が立ち上げられた。組員63名でのスタートであった。

4、大阪戦争

 (1)、意義

  ・大阪戦争は、昭和50年(1975)から昭和53年(1978)に起こった、山口組と松田組との抗争である。昭和53年(1978)7月11日に田岡一雄が京都のクラブ「ベラミ」で襲撃を受けて以後、山口組の松田組に対する無差別的な攻撃が始まった。

 (2)、第一次大阪戦争

  ・宅見は第一次大阪戦争には参加していない。しかし、大日本正義団会長・吉田芳弘は西城秀樹の姉と付き合っていたが、この女性を本妻とは別に宅見の愛人とした。ミナミにクラブを経営させたり、ステーキ屋やアクセサリー店を開かせたりした。

 (3)、第二次大阪戦争

  ①、意義

   ・宅見は、経済ヤクザのイメージがあるが、第二次大阪戦争では武闘派の側面を見せつけた。

  ②、杉田組長射殺事件

   ・昭和53年(1978)9月24日、和歌山市内の松田組系福田組事務所を訪れた福田組内杉田組組長を、待ち伏せをしていた山口組系宅見組の組員が銃撃した。杉田組長は翌日に亡くなった。

  ③、宅見組による樫組長宅空爆計画

   ・松田組の樫組長は、自宅にこもっていたので、山口組は全く手が出せない状態であった。そこで山口組系宅見組は樫組長宅の近くに前線基地を設営し、ダイナマイトを積んだラジコンのヘリコプターを飛ばして樫組長宅を空爆する計画を立てた。この計画は実験段階で露見し、宅見組の組員が殺人予備と銃刀法違反容疑で逮捕された。

5、山一抗争

 (1)、福井を引退させる

  ・昭和59年(1984)から山一抗争が始まった。宅見の親分である福井は、山一抗争時に一和会へ移ろうとしていた。宅見は福井を説得して、一和会に行かせずに引退させた。この後宅見は、毎年盆暮れには決まって現金100万円とちょっとした手土産をもって福井の元を訪れ、誠心誠意福井に尽くした。
   
 (2)、若頭補佐になる

  ・岸本組組長・岸本才三や織田組組長・織田譲二らとともに、田岡フミ子の執事役として竹中四代目実現に動いた。しかし、その竹中は宅見を「小型の小田秀」と称し、あまり評価していなかった。よって、今度は若頭に内定した豪友会会長・中山勝正に近づき、中山の推薦で昭和59年(1984)6月、四代目山口組成立時に若頭補佐となった。

 (3)、若頭になる

  ・山一抗争末期には、岸本、野上らと組み、山本健一亡き後山健組を継いでいた渡辺芳則を擁立して五代目組長に据えることに成功した。五代目山口組において宅見は組長代行を望んだが、組長がいながら組長代行はおかしいということで、若頭となった。

6、その他の抗争

 ・平成元年(1989)7月には竹中組との山竹抗争、同年9月には長崎湊会との抗争、同年11月には山形市で極東関口一家佐藤会系とのみちのく抗争、平成2年(1990)2月には札幌市で広島共政会系右翼団体との札幌抗争、同年2月には山口組の東京進出を伴ったニ率会との八王子抗争などを指揮した。

7、暴力団対策法とバブル経済

 (1)、暴力団対策法

  ・平成3年(1991)年、暴力団対策法が施行された。これによって、従来のようなシノギは難しくなり、表企業の買収や合併を通じて合法的に利益を得る企業舎弟やフロント企業が暗躍するようになった。宅見も積極的に表企業へと食い込んでいった。

 (2)、盃外交

  ・平成8年(1996)1月18日、五代目山口組若頭補佐・桑田兼吉、四代目会津小鉄会若頭・図越利次、四代目共政会会長・沖本勲の間で、三兄弟盃が挙行された。さらに、同年9月28日には、五代目山口組組長・渡辺芳則と、三代目稲川会会長・稲川裕紘との間で五分の兄弟盃が交わされた。

8、フランスへ

 ・宅見は、昭和56年(1981)頃から糖尿と肝臓を患っていた。そこで平成4年(1992)にフランスで治療しようとパリに飛んだが、日本大使館の警察関係者から宅見がフランスへ行くとフランスの司法警察に連絡が入り、宅見は「ペルソナ・ノングラタ(好ましくない人物)」に指定されて、飛行機から降りることができなかった。結局、そのまま日本へと帰国した。

9、宅見若頭暗殺事件

 ・平成9年(1997)8月28日、新神戸駅近くのオリエンタルホテルで、宅見、総本部長・岸本才三、副本部長・野上哲男が談笑していたところ、宅見が射殺された。さらに、流れ弾が近くにいた歯科医師にあたり、この歯科医師も死亡した。なお、宅見は30年来糖尿と肝臓を患っており、平成8年(1996)10月に肺炎も併発し、生死の境をさまよっていた。余命はあと半年か1年とみられており、中野会に襲撃されなくても、長くは生きられなかったという。享年61歳。

10、力の源泉

 (1)、宅見の才腕

  ・宅見は、時流を読むのがうまかった。福井英夫→山本健一→田岡フミ子→竹中正久(中山勝正)→渡辺芳則と、これはと思う相手には誠心誠意を尽くし、常に主流派に身を置き、勝ち馬に乗り続けた。また、暴力団臭がせず、堅気と社交することができ、約束したことは守る律義さを持ち、まめな気配りができる人であった。
 
 (2)、豊富な資金力

  ①、意義

   ・宅見はバブル期に地上げと株で蓄財をした。その総資産額は3000億円とも言われ、さらにその金を貯蓄するのではなく、どんどん直系組長達に融通し、それが山口組内での力の源泉となっていった。

  ②、シノギのやり方

   ・宅見は、覚せい剤、銃、売春ではなく、大企業から金を毟り取る方法を得意とした。まず、エースと呼ばれる人間を大企業へ送り込み、このエースを仲介人として、金融機関から巨額を借り出させる(暴力団の世界では「借りる」は「貰った」と同じ意味である)、企業に手形を乱発させる、絵画を時価の数十倍で買わせる、預金証書や株の預かり証を偽造してそれを担保に金融機関から金を引き出す等の手法をとった。この結果、イトマン事件では伊藤寿永光がエースとなり、5、6000億円が闇の世界に流れそのうちの3分の1の2000億円が山口組に流れ、大阪府民信組では南野洋がエースとなり、1300億円が闇に流れたという。

ヤクザ人物史 渡辺芳則

 今回は、『ドキュメント五代目山口組』(溝口敦、講談社、2002)、『カネと暴力と五代目山口組』(溝口敦、竹書房、2007)、『血別 山口組百年の孤独』(大田守正、サイゾー、2015)、『六代目山口組ドキュメント 2005~2007』(溝口敦、講談社、2013)より、山口組五代目組長・渡辺芳則氏についてまとめます。

1、出生

 ・渡辺芳則は、昭和16年(1941)1月、栃木県下都賀郡壬生町の農家の家に生まれた。

2、少年期

 ・渡辺は算数が好きなほかは全般に学業成績は振るわず、中学を卒業してから地元をふらふらしていた。

3、東京へ

 ・渡辺は東京へ出て、浅草の日本そば屋に住み込みで働き始めたが、ほどなくぐれて飯島連合系のテキヤの下で手伝うようになった。テキヤから実子分として来ないかという誘いをうけるが、知り合いが多くいる東京でテキヤはできないと思い、東京で芸能人相手に野球賭博をしていた山健組の三輪正太郎の誘いをきっかけに関西へ行くこととした。

4、山健組

 (1)、山健組へ

  ・渡辺はまずは京都へ行き、その後三輪の誘いによって神戸で出て、山健組を結成したばかりの山本健一と出会い、昭和38年(1963)頃に山健組入りをした。仁義なき戦いで有名な広島抗争にも山健組から打越会への応援隊の一員として参加した。

 (2)、一度目の破門

  ・山本健一は、昭和37年(1962)の福岡事件で凶器準備集合罪で捕まり、昭和40年(1965)10月から神戸刑務所と旭川刑務所で服役をした。この時、組長不在の山健組では、舎弟頭・田中達男がトップであった。しかし、この田中と渡辺は馬が合わず破門をされた。山本健一が出所後にすぐに山健組に戻し、渡辺は山本健一付きとなり、山健組の若頭補佐となった。

 (3)、服役

  ①、恐喝事件

   ・昭和42年(1967)、山本健一らは静岡市内の建設会社社長に頼まれて、名古屋市内の土建業の男性と三吉一家元組長を11時間軟禁して6000万円を脅し取ろうとした疑いで、昭和44年(1969)に逮捕された。この事件には渡辺も参加しており、服役した。渡辺は、服役中に貯めた作業賞与金は全部、山本健一夫妻に差し出したという。

  ②、拳銃不法所持

   ・昭和44年(1969)、山本健一他山健組の幹部は、拳銃不法所持で大阪府警に逮捕された。さらに、大阪府警に対抗する兵庫県警も、山口組系永井組と大日本平和会の対立に絡む抗争で凶器準備集合罪で逮捕しようとしていた。山健組は山本以下幹部のほとんどが逮捕され、存亡の危機に立たされた。この時、山本夫人の秀子が夫を救うために、渡辺に拳銃を持って警察に自首することを頼み、渡辺はこの身代わり役を引き受けた。渡辺はこの事件によっても服役をしたが、秀子夫人の信頼を勝ち取り、秀子夫人はこの後に、渡辺が山健組の若頭、そして組長になるための支援をした。

 (4)、健竜会の結成

  ・昭和45年(1970)、渡辺は出所後すぐに、健竜会を結成し、さらに道子と結婚をした。

 (5)、二度目の破門

  ・先の拳銃不法所持事件で、山健組の舎弟頭や舎弟など幹部クラスはほとんど山本から破門された。渡辺もこの時破門されたが、田岡一雄夫人のフミ子から山本は「恰好つけるだけの破門やったら、やめとき」と諭され、20日ほどで破門は解かれた。

 (6)、山健組若頭へ

  ・昭和46年(1971)、山本健一は山口組の若頭となった。同じころ、渡辺も山健組の若頭に昇格した。

 (7)、大阪戦争

  ①、意義

   ・大阪戦争は、昭和50年(1975)から昭和53年(1978)に起こった、山口組と松田組との抗争である。昭和53年(1978)7月11日に田岡一雄が京都のクラブ「ベラミ」で襲撃を受けて以後、山口組の松田組に対する無差別的な攻撃が始まった。山健組も、当時山健組三羽烏と称された、健竜会の渡辺、盛力会の盛力健児、健心会の杉秀夫を中心に、この攻撃に参加した。

  ②、山健組の攻撃

   ア)、健竜会

    ・昭和53年(1978)9月2日、和歌山市で合法企業を多数営み松田組随一の金持ち組織であった松田組系西口組の西口善夫組長宅に、健竜会の組員が侵入し拳銃を乱射した。警戒中であった西口組長はゴルフで外に出ていたが、警戒中であった西口組の組員2人が射殺された。この事件の首謀者として、当時健竜会で若頭補佐を務めていた、現神戸山口組組長・井上邦雄が逮捕され懲役17年の刑に、渡辺も懲役2年4ヶ月の刑に服した。

   イ)、盛力会

    ・昭和53年(1978)8月17日、盛力会は大阪市にある公衆浴場で松田組系村田組の潮見義男若頭補佐を射殺した。盛力はこの事件の首謀者として、懲役16年の刑に服した。

   ウ)、健心会

    ・昭和53年(1978)10月4日、健心会は大阪市内のスナックで松田組系村田組の木村誠治若頭を狙撃し、江口健治ら幹部6人が逮捕された。

 (8)、二代目山健組組長へ

  ・昭和57年(1982)2月4日、山本健一は大阪市内の病院で亡くなった。その四十九日が済んだ後、秀子未亡人から二代目山健組組長に渡辺が就任する旨が告げられた。ライバルの盛力健児はこの時服役中であったが、山健組は一人の脱落者や反逆者も出すことなく、渡辺への二代目継承を成功させた。その後渡辺は、山口組直系組長への昇格も果たした。

5、五代目山口組組長

 (1)、山口組若頭へ

  ・昭和60年(1985)1月26日、山口組組長・竹中正久が大阪府吹田市で射殺された。山口組は早くも2月5日の定例幹部会で、組長代行に舎弟頭の中西一男、若頭に若頭補佐の渡辺を据える人事を発表した。

 (2)、ゴルフ場撃ち込み事件

  ・昭和59年(1984)11月、神戸市内のゴルフ場でゴルフ中に渡辺を注意してきた男性を、渡辺のボディーガードが暴行を加えて全治45日の重傷を負わせるた事件で、昭和61年(1986)8月に渡辺は逮捕された。この事件の裁判において渡辺は、検事出身など数人の弁護団を組み合宿までさせて無罪判決を得ようとした。結局「子分が勝手にやった」という渡辺の主張は認められず、共謀共同正犯が問われて懲役10月執行猶予3年の有罪判決となった。

 (3)、山一抗争を終結させる

  ・渡辺は、稲川会や会津小鉄会に協力を仰いだ上で、一和会会長・山本広への引退工作を行った。山本はこれを受け入れ、平成元年(1989)3月16日、山本と渡辺は会津小鉄会会長・高山登久太郎宅で会談をし、山本広は自らの引退と一和会の解散を記した書状を渡辺に差し出した。同年3月19日には、警察にも自らの引退と一和会解散の旨を伝えた。

 (4)、五代目取り

  ・山一抗争も末期に差し掛かかり、昭和63年(1988)5月に一和会理事長・加茂田重政、一和会本部長代理・松本勝美が引退を表明した頃になってくると、山口組では五代目を誰が継承するのかが問題となっていった。渡辺は、組長代行・中西一男とその地位を争い、平成元年(1989)7月20日、襲名式を行い、五代目組長に就任した。

6、引退

 (1)、五代目山口組の運営

  ・五代目山口組は、若頭・宅見勝と7人の若頭補佐(英組組長・英五郎、倉本組組長・倉本広文、弘道会会長・司忍、芳菱会総長・瀧澤孝、三代目山健組組長・桑田兼吉、中野会会長・中野太郎、古川組組長・古川雅章)、総本部長・岸本、副本部長・野上らによって物事は決定し、組長の渡辺はそれを追認するだけであった。特に若頭の宅見の力は強く、渡辺の回答が否や保留と出ても、若頭の宅見が「ええやろ。わしから頭に後で話しとくわ」と承諾すれば、そのまま渡辺も納得する局面が多々あったという。五代目山口組において、直系組長達の多数派工作の上で組長に就任した渡辺の求心力は、成立時から低かった。

 (2)、宅見若頭射殺事件

  ・平成9年(1997)8月28日、若頭の宅見が新神戸駅近くのオリエンタルホテルで、山口組系中野会組員によって射殺された。しかし、若頭が射殺されたにも関わらず、渡辺は中野会を復帰の可能性がある破門処分とし、3日後に流れ弾にあたった歯科医師が亡くなってやっと中野会を絶縁処分とした。さらに、若頭を射殺した中野会を何度も山口組に復帰させようとするなど、指示が迷走した。

 (3)、引退へ

  ・平成14年(2002)11月29日、山口組は緊急直系組長会を開き、五代目組長・渡辺芳則は今後、組運営にいっさいタッチをせず、執行部の合議制で組を運営していく旨が発表された。この背景には、平成7年(1995)8月25日、山口組系藤和会内山下組組員が京都府警の巡査部長を会津小鉄会系組員と間違えて射殺された事件について、渡辺にも民法715条の使用者責任の規定によって、損害賠償請求が認められたことがあった。平成17年(2005)7月29日、臨時直系組長会が開かれて、司の六代目組長就任と、渡辺の引退が発表された。

7、死去

 ・渡辺は引退後、神戸市北区鈴蘭台の新築の豪邸へ移った。そして、平成24年(2012)12月に71歳で亡くなった。

8、人物評

 (1)、「サラリーマンヤクザ最大の成功者」(溝口敦氏)

  ①、ヤクザに「就職」する

   ・ヤクザは貧困家庭出身が多いが、渡辺の実家は土地持ちの農家であり、のちはこの農地を売却して貸家経営をやるなど裕福であった。さらに、渡辺の少年時代は、札付きのワルでも少年院に入った経験もなかった。つまり渡辺はヤクザしか行き場がないというわけではなく、普通に就職をしようと思えばできた人物であった。渡辺がヤクザの道を選んだ理由は、自分次第で努力すれば伸びられる、自分でもヤクザの世界ならば出世できると考えたからである。渡辺は、ヤクザに「就職」をしたヤクザであった。

  ②、目上の人に好かれる資質

   ・渡辺は田岡一雄夫人のフミ子と冗談を言い合ったり、山本健一や夫人の秀子に可愛がられたり、パチンコ団体の会長がスポンサーとしてついたりと、目上の人に好かれる資質を持っていた。

  ③、合理主義者・現実主義者

   ア)、懲役観

    ・渡辺は、暴行とか傷害、殺人未遂といったヤクザらしい話はあまりない。「懲役は長い短いより、行く内容やね。われわれの社会では、やっぱり抗争事件でやね、体賭けて行ったものは功績として認めるからね。そやけど、自分で覚せい剤で行った十年なんていうのは認めへんわな」と合理的な考え方を持っていた。現に渡辺自身、短期刑を通算しても数年程度しか懲役に行っていない。

   イ)、人生設計

    ・渡辺は、「俺はだいたい三十歳前後で組を持とう、三十過ぎて組ができんようなら、ヤクザをやめようと思ってた」と語った。実際に、29歳で山健組内に健竜会を結成した。

   ウ)、嫁の見定め

    ・渡辺は道子と神戸駅前のダンスホール出会い、やがて同棲するようになった。しかし、同棲中の三年間、渡辺は道子に金を一銭も渡さなかった。この三年間、道子は渡辺に「金くれ」「生活費をくれ」とも言わずに生活を成り立たせていたので、この女性なら信用できると思って渡辺は結婚をした。

   エ)、組織運営

    ・山本健一は、組員は少なくてよい、いざ抗争の時率先して行く奴がいればいいという考え方であった。他方、渡辺は「組員が十人おったとして、そのうちの一人懲役に行かすとして、毎月組員一人から一万円ずつ集めたとしても九万円にしかならへん、と。これが百人の組員がおったら、一人一万円が一人千円集めればよくなる。経済的にも楽できる。組織力も温存できる」として、なるべく組織を大きくしようという考え方であった。その結果、山健組は全盛期8000人ともいわれた巨大組織となった。

   オ)、五代目取り

    ・渡辺は、五代目山口組組長に就任するにあたって、「跡目とったら、俺はこう考えとる。(組員のすべてが)ええような結果になって、「ああ、やっぱり(渡辺が五代目で)よかったな」と思われるのが最高や。もし悪くいけば「やっぱり(渡辺を立てて)失敗やったな」と。(そうなると)こっちは落ち目にならないかんわな。それは嫌やから自分から苦労せなしゃないわね。跡目とって。より、これだけ俺を信じとんねんやったら、みんな信じただけの答えを俺がだしたる、と。」と答え、五代目取りにあたって、強烈な指導理念、哲学、目標を示すのではなく、組員の経済生活の維持拡大と人数を増やすという、きわめて現実的な考え方を示した。

 (2)、徳川秀忠タイプの人物(太田守正氏)

  ・渡辺の側近として仕えてきた太田守正は、「五代目が周到な根回しに秀で、大組織を統括するうえできわめて合理的な発想をもった親分」であったと評する。田岡三代目、竹中四代目は戦国大名であったが、大阪戦争や山一抗争を経て、平成4年(1992)の暴対法、平成23年(2011)の暴力団排除条例などが制定され、ヤクザが抗争をできない時代へと変わっていった。このような時代の変化に対応して山口組も「親藩、譜代大名また直参旗本を従えた幕藩体制」へと移行していった。この山口組幕藩体制において必要とされるリーダーは「戦国大名」ではなく、「官僚のトップ」=「幕閣の長」=「権力機構の中心的な歯車」である。このような意味で、渡辺は際立って目立たなかった組長であったが、合理的な組織運営と統括力がある、時代に即した組長であったとする。

  ・そして、「五代目は明らかに家康の晩年ないしは江戸幕府における二大将軍秀忠である」とする。その理由は、「秀忠は戦によることなく全国に徳川幕府の威光をしめし、縁戚化や恩賞をつうじて全国に松平姓(徳川)を浸透させた。信長・秀吉・家康を通じて実現した全国平定を、秀忠は土井利勝や松平伊豆守信綱らの幕閣とともに、みごとに完成させたのである。徳川の松平姓を山菱の代紋に置き換えれば、実に分りやすい」と説明する。

 (3)、石井隆匡氏の人物評

  ・稲川会会長・石井隆匡は、「渡辺は柔軟性を持ってるし、世間じゃあれを武闘派っていいますけれど、決してそんなもんじゃないですよ。(渡辺は)人の話もよく聞くし、自分の考えも主張する。(五代目は)そういう人じゃなきゃダメですよ。時代は大きく組織化されてますからね。(山口組には)何万人もついてきてるでしょう。だから強いばっかりがこの渡世じゃないですよ」とのべて、渡辺の山口組五代目組長就任を断固支持した。

 (4)、五代目山口組若頭補佐の一人

  ・渡辺五代目体制発足時に若頭補佐に加えられたある組長は、「あの人のいいところは三千人や五千人の兵隊を持っているけれども、それをカサにきた物言いを一つもしないことです。普通だったら、山口組でいちばん兵隊もおり、抗争に際しても、大阪戦争から対一和会抗争まで全部参加しているわけです。山口組の歴史を見れば、山健組がどんな働きをしてきたか、一目瞭然ですよ。だけど、それでもあの人は人に気配りをし、謙虚に頭を低くしている。あの人から教えられるところは一杯ある。やはり器量がちがうと思います。これからの山口組のトップというのは「俺についてこい」では組織を引っぱっていけない。みんなが参加しているという意識改革が必要だと思いますよ。個人プレーの時代ではない。気配りが末端まで届くような繊細な人がやっていくべきだと思いますね」と述べ、渡辺が気配り、謙虚の人であるとする。

 (5)、山健組幹部

  ・渡辺には悪評もある。例えば山健組幹部は、渡辺は「ケチで世間知らず、大阪戦争ではろくな働きも見せず、ジャバでのうのうとしていた。他の若い衆は親分のためを思って、みな事件に従い懲役に行った。その留守中、山健組の二代目になって功績を独り占めした」といったものである。

ヤクザ抗争史 山道抗争

 今回は、『山口組v道仁会』(土井泰昭、竹書房、2009)より、山道抗争についてまとめます。

1、抗争

 昭和61年(1986)暮れから昭和62年(1987)1月 山口組系伊豆組、稲葉一家vs道仁会

2、藤本組の内紛

 (1)、原因

  ・熊本県人吉市に、藤本組という組織があった。若頭は楮木亨(のち道仁会系古賀一家内楮木組組長)、幹部に中神大海(のちに山口組系稲葉一家中神会会長)がいたが、中神大海の弟・中神強が、酒の席で、日ごろから仲が悪かった若頭・楮木をなじり倒した。

 (2)、中神強刺殺事件

  ・昭和41年(1966)、酒席でなじられた報復として、楮木は中神強を刺殺した。藤本組組長は、自分の若衆同志が揉め事を起こしたことに責任を感じて、引退をした。楮木は、長期服役を余儀なくされた。

3、中神大海襲撃事件

 (1)、山口組系稲葉一家に入った中神大海

  ①、山口組系稲葉一家とは

   ・大分県別府市に本拠を置く山口組系稲葉一家は、昭和50年(1975)に稲葉実が稲葉組として結成した。昭和54年(1979)に稲葉が三代目山口組若中になると、稲葉一家と改称した。

  ②、山口組系稲葉一家に入った中神大海

   ・藤本組解散後、中神大海は、山口組系稲葉一家組長・稲葉実の舎弟となり、熊本県人吉市に稲葉一家内中神組(のちに中神会)を結成した。

 (2)、道仁会系に入った楮木亨

  ①、道仁会とは

   ・福岡県久留米市に本拠を置く道仁会は、昭和46年(1971)に古賀磯次によって結成された。昭和56年(1981)に大牟田の馬場一家との抗争、昭和57年(1982)には久留米で向山一家との抗争、昭和58年(1982)には再び馬場一家と抗争をするなど幾たびも抗争を繰り返し、地域の諸団体を傘下に収めてきた、戦闘意欲の高い組織であった。

  ②、道仁会系に入った楮木亨

   ・昭和61年(1986)、長期服役から出所してきた楮木は、道仁会系古賀一家組長・古賀徹の舎弟となり、熊本県八代市に道仁会系古賀一家内楮木組を結成した。

 (3)、中神大海襲撃事件(道仁会系古賀一家内楮木組→山口組系稲葉一家内中神会)

  ①、原因

   ・楮木は、旧藤本組の縄張りであり自らの故郷でもある人吉市にクラブを開店した。これに対して、もともと人吉市を縄張りとしていた中神大海が激怒した。さらに、山口組系稲葉一家内中神会組長・吉川茂男が、楮木組に移籍したことについても恥をかかされたと思っていた。かつて、弟の中海強が刺殺された経緯もあって、中神大海は、楮木と吉川を殺すと吹聴していた。

  ②、事件

   ・昭和61年(1986)7月29日、中神大海に殺される前にこちらから殺そうと、吉川ら2人が中神大海を銃撃した。中神大海は重傷を負ったが、命はとりとめた。逮捕された吉川らは、楮木の指示はなく単独犯行であると主張した。

  ③、手打ち

   ・古賀一家総長・古賀徹と、稲葉一家代貸・島村国光とが兄弟分であったこともたって、中神大海襲撃事件は、手打ちとなった。

4、中神家vs楮木の喧嘩から山口組vs道仁会の抗争へ

 (1)、楮木亨刺殺事件(山口組系稲葉一家内中神会→道仁会系古賀一家内楮木組)

  ・楮木はまた人吉市に新しい店を出店した。中神大海の息子・中神竜二は、父は重傷を負わされ、叔父は刺殺され楮木に恨みを持っていたところ、この出店をきっかけとして、昭和61年(1986)12月8日、不良仲間と楮木の店に乗り込み、楮木を刺殺した。しかし、これは手打ち破りであった。以後、山口組系稲葉一家と道仁会系古賀一家の抗争は始まった。

 (2)、川井長治襲撃事件(道仁会→山口組系稲葉一家)

  ・昭和61年(1986)12月10日、福岡県飯塚市で、山口組系稲葉一家内川井組組長・川井長治が、道仁会系松尾組組員に襲撃された。この事件により、抗争が道仁会系古賀一家vs山口組系稲葉一家から、道仁会vs山口組系稲葉一家になったことを示している。

 (3)、稲山会幹部射殺事件(道仁会→山口組系稲葉一家)

  ・昭和61年(1986)12月11日、稲葉一家本部に、稲山会会長・山下純二と幹部の男性が詰めていたところ、道仁会系松尾組組員が襲撃し、幹部の男性が射殺された。

 (4)、誠心会組員襲撃事件(山口組系伊豆組→道仁会)

  ①、道仁会の福岡市進出

   ・道仁会の拠点である久留米や大牟田は、炭鉱や土建の失業者が多く、地元経済も冷え込んでいた。よって、シノギを求めて大都市福岡へ進出した。その先兵を担ったのが、道仁会系大中組であった。これに対して、もともと福岡市を縄張りとしていた山口組系伊豆組は警戒をしていた。

  ②、誠心会組員襲撃事件

   ・昭和61年(1986)12月16日、道仁会系大中組内誠心会組員を、山口組系伊豆組が拉致し、道仁会の縄張りである久留米へ帰るように脅し、さらには誠心会の組事務所に乗り込んで、組員を銃撃し重傷を負わせた。この事件は、抗争が道仁会vs山口組となったことを示している。これに対して道仁会も、すぐに伊豆組組員を襲撃した。

5、抗争の激化

 (1)、抗争の激化

  ①、少年誤射事件(道仁会→山口組系伊豆組)

   ・昭和61年(1986)12月18日、抗争を見学するために、福岡市内の伊豆組内伊豆一家の組事務所前を、少年3人がうろついていた。これを同組組員と間違えた道仁会組員が、少年1人を射殺、1人を負傷させた。

  ②、稲葉一家幹部誤射事件(道仁会→山口組系稲葉一家)

   ・同年12月18日、熊本市内の病院に入院していた稲葉一家幹部・山野一郎と間違えて、隣のベットに入院していた男性を見舞いにきた運転手の男性を、道仁会組員が射殺してしまった。

  ③、稲葉一家幹部病院襲撃事件(道仁会→山口組系稲葉一家)

   ・同年12月21日、福岡県大野城市内の病院に入院していた稲葉一家内見城会幹部が、見舞客を装った道仁会系組員によって銃撃され、重傷を負った。組事務所や繁華街は警察の警備が厳しいので、警察が警備しなさそうな場所を狙い、実行犯をアジトに隠れるゲリラ戦法が行われた。

  ④、警察官誤射事件(道仁会→山口組系稲葉一家)

   ・同年12月27日、稲葉一家内島村組事務所前で警戒中の警官を、道仁会組員が銃撃して重傷を負わせた。

  ⑤、アルバイト学生誤射事件(道仁会→山口組系伊豆組)

   ・同年12月31日、伊豆組系の露店事務所でアルバイト学生を、道仁会組員が銃撃して負傷させた。

  ⑥、新春の道仁会系事務所襲撃事件(山口組系伊豆組→道仁会)

   ・昭和62年(1987)1月1日、正月早々に伊豆組系組員が道仁会系組事務所に発砲した。

  ⑦、伊豆組組員襲撃事件(道仁会→山口組系伊豆組)

   ・同年1月2日、福岡市内で伊豆組組員が道仁会組員に銃撃され重傷を負った。

  ⑧、その他

   ・その後も、福岡市の道仁会組員の愛人宅への発砲事件、道仁会系組員のの兄の家に発砲し年始客が負傷する事件、道仁会関係者と親しい金融業者宅が発砲されてテレビを見ていた中学2年生が負傷する事件等が起きた。

 (2)、福岡県警の抗争終結工作

  ・福岡県警は、伊豆組組員ら93人を任意同行し、伊豆組組長・伊豆健児に、抗争終結を趣旨とする誓約書に署名をさせた。また、道仁会組員66人も任意同行させ、この時道仁会会長・古賀磯次は名古屋刑務所に服役をしていたので、道仁会の責任者に抗争終結の誓約書の署名をさせた。また、稲葉一家組長・稲葉実も服役中であった。

6、止まらぬ抗争

 (1)、スーパーマーケット内射殺事件(山口組系伊豆組→道仁会)

  ・昭和62年(1987)1月18日、福岡県久留米市の道仁会系松尾組内菊地組組員がスーパーへ買い物に行ったときに、伊豆組系幹部に襲撃されて射殺された。抗争終結を誓約した直後であり、さらに買い物客が多い夕方のスーパー内での犯行ということで、警察や市民に強い衝撃を与えた。警察は抗争終結の誓約は流れたと判断して、組事務所を徹底的に強制捜査した。

 (2)、道仁会本部爆破未遂事件(山口組(?)→道仁会)

  ・同年1月23日、道仁会本部事務所に手りゅう弾が投げ込まれる事件が起こった。道仁会本部事務所に被害はなかったが、手りゅう弾の爆発で飛び散った道路のアスファルトで、隣りの民家などが被害を受けた。

7、抗争の終結

 (1)、道仁会会長・古賀磯次の出所

  ・昭和62年(1987)2月11日、古賀は名古屋刑務所から久留米刑務所へ護送され、そこで警察に抗争終結宣言を出すように説得された。古賀はこれを受け入れた、同年2月12日、久留米刑務所から出所した古賀は、道仁会本部事務所へ行き、組員の前で抗争終結の旨を語った。

 (2)、手打ち式

  ①、抗争終結

   ・同年2月14日、伊豆もあらためて抗争終結の誓約書を各警察に提出し、古賀も同じく抗争終結の誓約書を出した。稲葉一家も終結に賛同し、これにより発砲事件77件、死者9名、重軽傷者16名という被害を残した山道抗争は終結した。

  ②、手打ち式

   ・同年3月3日、北九州市小倉において、仲裁人が工藤会会長・工藤玄治、奔走人が草野一家総長・草野高明と大州会会長・太田州春、九州沖縄のほとんどの親分衆が立会人として列席し、手打ち式が行われた。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • ライブドアブログ